2006.5.27 第2回講習会
第2回の講習会が行われました。
初心者チームは、「○秒間同じ行動を続ける」ウェイトコマンドを用いて車庫入れゲームを行いました。
経験者チームは、作ってきたロボットのプログラミングです。

戻る

スライドショウの開始
img0000.jpg
本体をスタート地点に固定し、小型ローバーでボールを運ぶ計画だったが、ルール違反で作り直し(涙)
img0001.jpg
こちらは強度不足で再検討中。
img0002.jpg
なんとボールを投げて移動するインベンタボットを作り、プログラミングに挑戦中。
img0003.jpg
滑り台方式で一球ずつ打ち出すプログラム。分岐の数がものすごいです。
img0004.jpg
角度センサーも使っています。初めて見ました。サブルーチンも条件ループも使っています。すごい。
img0005.jpg
プログラミングを検討中。指導しているのは初代受講者のNAT会員です。
img0006.jpg
ローバーの動作を確認する二人。
img0007.jpg
ちょっとしたパーツの噛みあわせでまっすぐ進まなかったりします。
img0008.jpg
真剣にプログラミング中です。
img0009.jpg
どうプログラミングすると90度曲がるかな?
img0010.jpg
強度不足解消で初テスト(クリックするとビデオが見られます。)
img0011.jpg
車庫入れプログラムを作成中。集中しています。
img0012.jpg
こちらも真剣ですね。
img0013.jpg
前進してアームでボールを投げるインベンタボット。すごいです。
img0014.jpg
直角に曲がるかどうかテスト中。(クリックするとビデオが見られます。)
img0015.jpg
餅つきのように何度も往復する作戦。しかし・・・。(クリックするとビデオが見られます。)
img0016.jpg
一球ずつ打たなければ、ルール違反ですが・・・。(クリックするとビデオが見られます。)
img0017.jpg
なかなかうまく投げません。安定性がネックか?(クリックするとビデオが見られます。)
img0018.jpg
やっとできたと思ったら・・・思い通りにはいかないものですよ。(クリックするとビデオが見られます。)
img0019.jpg
ピッチングマシン方式の機体。タイヤを使って打ち出しています。
img0020.jpg
もちつきマシン。すごいスピードです。
img0021.jpg
頭に角をつけて安定性アップ。投げる距離も大幅に伸びました。後は、複数のボールを投げる仕組みの開発です。
img0022.jpg
今度こそシュートできるか?(クリックするとビデオが見られます。)
img0023.jpg
滑り台マシン。現時点で一番の完成度です。
img0024.jpg
今度こそ、車庫入れできるか?(クリックするとビデオが見られます。)
img0025.jpg
課題以外のところに凝っているとなかなかクリアできません(笑)(クリックするとビデオが見られます。)
img0026.jpg
初成功の瞬間!やったー!
img0027.jpg
微妙なタイミングの違いで大きく外れてしまうのです。(クリックするとビデオが見られます。)
img0028.jpg
おしい!おしすぎる!(クリックするとビデオが見られます。)
img0029.jpg
どうやらいじるべき部分を間違っているような?
img0030.jpg
大成功!!!(クリックするとビデオが見られます。)
今回もワイワイガヤガヤと楽しく実りある講習会を行うことができました。

この講習会の様子が北日本新聞に掲載されました。
(2006.5.28 朝刊より)

(クリックすると大きな画像が見られます)


戻る