2006.7.8
今回、1年生は駆け足でやってきた内容を振り返るため、
復習として光センサーとタッチセンサーを同時に使ってみました。
2年生はだんだん形になってきましたよぉ。
(って毎回言ってるような)

戻る

スライドショウの開始
img0000.jpg
講師Kさんの初講義。
img0001.jpg
2年生にサブルーチンとマルチタスクについて教えてくださいました。
img0002.jpg
黒い線をたどって走り、さらに障害物をタッチセンサーで感知して避けるロボットを作成します。
img0003.jpg
黒い線をたどるのは一度やったので簡単?
img0004.jpg
みんな意外と苦戦しました。光センサー分岐を使わない方法でがんばっています。
img0005.jpg
ライントレースの考え方について講義。
≪クリックするとビデオが見られます≫
img0006.jpg img0007.jpg
img0008.jpg
プログラミングを進める受講者。真剣ですね。
img0009.jpg
2年生。アームで投げるのを断念。一から出直しです。ふぁいと〜。
img0010.jpg img0011.jpg
巨人の星ロボ近影。コンパクトにまとまっております。
img0012.jpg
作者とロボの完成?記念写真。
あとはプログラム。
img0013.jpg
初代受講者が今度は講師として指導中!
img0014.jpg
おれが一番に成功して見せるぜ。
(と、言ったかどうかは不明)
img0015.jpg
ライントレースの考え方についてレクチャー中。
img0016.jpg
出直した割には急ピッチで製作中。期待してますぞ。
img0017.jpg
「光センサーはできるだけ床面に近い方がいいよ」(と、言ったかどうかは不明)

光センサーは前回、光センサー分岐を使ったのですが、今回は分岐を使わない両側トレースに挑戦しました。1年生にとっては少し難しかったようです。

やはり、目標とする動きを細かく分解してどうやればロボットに実現させられるのかと言うのがひとつのポイントになりますねぇ。

戻る

Powered by SOZAWA.
www.sozawa.com