2008.7.27 WRO富山県大会
いよいよ、試合を行います。

だれが調整の成果を発揮できるのか?

楽しんでご覧ください!

戻る

スライドショウの開始
img0000.jpg
試合は2回行います。

いいほうの得点で競いますので最後まであきらめずがんばりましょう。
img0001.jpg
オープン競技1回目
img0002.jpg
手を挙げて、準備完了をアピール。
img0003.jpg
順調です。
img0004.jpg
3人目です。
img0005.jpg
こちらも順調。スムーズです。
img0006.jpg
小学生の予選競技。

見事な缶倒し。
img0007.jpg
2つ目もクリア。
img0008.jpg
3つ目は惜しかったです。

見ている子どもたちが、倒れるところを喜んでいます。いいですね。
img0009.jpg
コースアウト!
img0010.jpg
ゲートが越えられません。
img0011.jpg
見事に倒しました!
img0012.jpg
こちらもナイスプレイ!
img0013.jpg
華奢なのに、頑丈な仕組みを作るのがうまい人。
img0014.jpg
NXTはパワーが強いので、缶倒しが楽々できているように見えました。
img0015.jpg
ゲートを通過。
img0016.jpg
真剣にロボットを見つめています。
img0017.jpg
缶には当たりましたが、バランスを崩しました。
img0018.jpg
拝む人。
img0019.jpg
シーケンスで見事な動作。ミラクルです。
img0020.jpg
ゲートにぶつかる。そのロボットの挙動に合わせたプログラミングやスタートが大切です。
img0021.jpg
惜しくもリタイヤ。
img0022.jpg
ロボットのためを思えば、致し方なし。(涙)
img0023.jpg
好スタート。やった!
img0024.jpg
唯一、RCXで完走した人。パチパチ。
img0025.jpg
アームがきちんと缶を捉えています。
img0026.jpg
缶を押すことでロボットの向きが安定されることもあると知りました。
img0027.jpg
スタートしたら、後は見守るしかありません。
img0028.jpg
中学生部門。障害を越えるためのキャタピラ。
img0029.jpg
八輪車。巨大なトラックのよう。
img0030.jpg
超音波センサーを使ったロボット。

センサーの調整に苦戦。
img0031.jpg
おしりで缶を倒します。すごい。
img0032.jpg
アームが天井に当たってしまいました。
img0033.jpg
残念だが、断念。
img0034.jpg
余裕の表情か?
img0035.jpg
軽々と缶を落とします。
img0036.jpg
2つ目もいけるか?
img0037.jpg
見た目がかっこいいロボット。
img0038.jpg
1回目の後の調整時間。
img0039.jpg
それぞれ、一生懸命に取り組みました。
img0040.jpg
コースには行列ができています。
img0041.jpg
フラッシュをたくとこんな感じ。
img0042.jpg
プログラミングに取り組む選手たち。
img0043.jpg
中学生もがんばっています。
img0044.jpg
小学生は次第にコースの周りを囲み始めました。
img0045.jpg
試合中は光センサーへの干渉が懸念されるため、たいていませんでした。
img0046.jpg
そろそろお疲れ気味。
img0047.jpg
順番が来ると急いで発進。
img0048.jpg
中学生もロボットの挙動に一喜一憂。
img0049.jpg
2回目の競技。コースアウト!
img0050.jpg
1回目クリアしたので、ぎりぎりまで切り詰めたので、
img0051.jpg
失敗した人が多かった。
img0052.jpg
予選競技2回目。安定しています。
img0053.jpg
2つ目もクリア。
img0054.jpg
3つ目も!
img0055.jpg
余裕です。
img0056.jpg
ゲートクリア。
img0057.jpg
なぜかスタート直後に横を向いてしまいました。
img0058.jpg
スタートのミスが痛い。
img0059.jpg
一番ウケたスタート。
img0060.jpg
順調に進んでいます。
img0061.jpg
1個目クリア。うれしそう!
img0062.jpg
倒した後のターンが回りすぎて、リタイヤ。
img0063.jpg
最後のチャンスです。
img0064.jpg
目が真剣です。
img0065.jpg
倒しました!
img0066.jpg
2つ目でコースアウト。
img0067.jpg
NXTの巨体。
img0068.jpg
なぜか、コースアウト。残念。
img0069.jpg
1回目1位の選手。
img0070.jpg
安定した走り。
img0071.jpg
難なく1つ目クリア。
img0072.jpg
倒した缶に阻まれました。う〜む。
img0073.jpg
大幅に形を変えてきました。
img0074.jpg
1個目、クリア〜!
img0075.jpg
真剣にジャッジする主審。
img0076.jpg
1個目クリア〜!
img0077.jpg
シーケンスロボ。別名念力コントロール。
img0078.jpg
コースアウトの後。なんと1個目を倒しました!
img0079.jpg
順調にライントレース。
img0080.jpg
と思ったら、またもゲートに激突。練習ではうまく行っていたのに。
img0081.jpg
ゲートクリアの後、コースアウト。
img0082.jpg
スピードを求めた選手。
img0083.jpg
たたんでいたアームを展開!
img0084.jpg
見事な缶倒し!
img0085.jpg
コースアウト。無念。
img0086.jpg
こちらもコースアウト。スタートの仕方に問題あり。
img0087.jpg
中学生。最後のチャンス。
img0088.jpg
1個目ゲット。
img0089.jpg
缶を倒した後の誤差に苦しんでいます。
img0090.jpg
ひときわ大きなロボット。
img0091.jpg
見事な突き落とし。
img0092.jpg
光センサーひとつのロボット。
img0093.jpg
なぞのエラーに没しました。
img0094.jpg
今度はトンネルを越えられるか?
img0095.jpg
まず1つ目!
img0096.jpg
難なく2つ目。
img0097.jpg
3つ目!
img0098.jpg
倒れませんでしたが、トンネルをクリア。
img0099.jpg
ラストチャンス。
img0100.jpg
気合の入った表情。
img0101.jpg
缶がかなりへこんできました。
img0102.jpg
今度こそ!
img0103.jpg
うまく行きました。
img0104.jpg
アフレルの山本さんが駆けつけてくださいました。
img0105.jpg
身の回りはロボットであふれています。
img0106.jpg
ロボットなんて簡単だと思った人!

何人か手を挙げようとしていたのですが。
img0107.jpg
これからもロボットを続けてください。
img0108.jpg
オープン競技の表彰。
img0109.jpg
1位の選手。
img0110.jpg
2位の選手。
img0111.jpg
小学生予選競技入賞の選手たち。
img0112.jpg
優勝おめでとう!
img0113.jpg
副賞はテクニックのキットです。
img0114.jpg
2位の選手。
img0115.jpg
おめでとう!
img0116.jpg
3位の選手。ここまで完走です。すごい!
img0117.jpg
RCXで完走したのはこの選手だけ。
img0118.jpg
3つの缶をクリアした選手。
img0119.jpg
おめでとうございます!
img0120.jpg
5位の選手。
img0121.jpg
がんばりました。
img0122.jpg
6位の選手。
img0123.jpg
練習ではできたことも本番でできず。
img0124.jpg
勝負は時の運。みんなよくがんばりました!
img0125.jpg
横浜の全国大会に出場です。
img0126.jpg
おめでとうございました!
img0127.jpg
中学生競技、優勝者!
img0128.jpg
2位の選手。
img0129.jpg
おめでとう!
img0130.jpg
3位の選手。
img0131.jpg
2つまで倒しました。
img0132.jpg
3人でチームを組んで全国大会です。
img0133.jpg
審査員特別賞。
img0134.jpg
目標に向かって、がんばりました!
img0135.jpg
大学生の授業と同じことをしています。
img0136.jpg
ぜひ、日本の将来を担うエンジニアの道を進んでください。

オープン、小学生、中学生、どの競技においても、

かなりレベルの高い試合となりました。

練習ではうまく行っていても、本番で再現できない場合もあり、

運の要素もかなりあると感じました。

いつも、確実に結果を出すためには、

挙動を安定させるための工夫が必要だと感じました。

選手になった子どもたちは、8月31日も全国大会まで、

工夫を積み重ねて行ってほしいと思います。



また、惜しくも結果を出せなかった子どもたちも、

いつもの講習会よりずっと真剣な態度で取り組み、

一日で大きな進歩を遂げた人がたくさんいました。

この経験は人生においても大きな意味をもつと信じています。

戻る

Powered by SOZAWA.
www.sozawa.com