2008.11.2 WRO2008国際大会 2日目
1日目の興奮冷めやらぬ朝、結果がわからないので3時間ほどしか寝られず、
反省点を頭の中で反芻しながら、ほのくらい天井を見つめて過ごす内に夜が明けてきました。
2日目は、オープン競技の投票と、結果発表です。
さぁ、また土俵際で引っかかるのか399高岡。

戻る

スライドショウの開始
img0000.jpg
横浜の町を一望。今日も美しい朝日が昇ります。
2008年11月02日 05時49分
img0001.jpg
今日もバイキング朝食。好きなものを好きなだけ食べられるので幸せです。
2008年11月02日 06時27分
img0002.jpg
のりの袋を破ろうとして・・・。S君曰く、「初めて見た(苦笑)」
2008年11月02日 06時28分
img0003.jpg
バスに乗りパシフィコ横浜へ。
2008年11月02日 07時54分
img0004.jpg
なんだか知らないけど、「いっちば〜ん」って叫んでみた。
2008年11月02日 07時56分
img0005.jpg
2008年11月02日 08時43分
img0006.jpg
2008年11月02日 08時43分
img0007.jpg
参考になった虫たちらしいです。
団子虫ロボもいました。
2008年11月02日 08時44分
img0008.jpg
カブトガニと定番SPIKE君。
2008年11月02日 08時44分
img0009.jpg
韓国チームの小学生ブース。この子がやたら流暢なので聞き取れなかった。(泣)
2008年11月02日 08時48分
img0010.jpg
ジャイロセンサーをつかった操縦桿。思い通りに動かすのはなかなか難しかった。
2008年11月02日 08時50分
img0011.jpg
電池選り分け機。すごい。本当に欲しい一台でした。
2008年11月02日 08時53分
img0012.jpg
環境に関する○×ゲームができる機械。
なんか○と×が逆になってたような?
それともぼくの英語力が足りないせいか?
2008年11月02日 09時08分
img0013.jpg
お掃除ロボット。
2008年11月02日 09時09分
img0014.jpg
ビンや缶やペットボトルを選り分ける装置。実際にあるものだよね。
2008年11月02日 09時10分
img0015.jpg
ものすごい建造物がひときわ目を引いたセット。
2008年11月02日 09時11分
img0016.jpg
サンダーバード66号。担当の彼(31日の朝ほーむで出会った)が体調不良でリタイヤ。(大丈夫でしょうか?)
2008年11月02日 09時12分
img0017.jpg
たぶん香港。エンジェル&デビル。S君コスプレが気になっていたよう。
2008年11月02日 09時18分
img0018.jpg
じゃんけんロボ。それにしてもシンガポールのジャケットがかっこいい。
2008年11月02日 09時20分
img0019.jpg
S君も挑戦。見事勝利して、3色蛍光ペンをもらっていました。ぼくは敗北。
2008年11月02日 09時20分
img0020.jpg
海外からのお客さんにも大人気でした。
2008年11月02日 09時21分
img0021.jpg
雑誌で見たことあるロボット。倒れても自分で立てるというので一時期有名になったやつです。
隣でジャンプしてたロボット
2008年11月02日 09時22分
img0022.jpg
パロ。あったかくて、やわらかくて、なでると反応するので、本当におとなしい動物を触っているような感じでした。
2008年11月02日 09時24分
img0023.jpg
ゼッケンにサインしてもらってそのお礼にチームのステッカーを配って回りました。
2008年11月02日 09時43分
img0024.jpg
シンガポールのコーチと。
2008年11月02日 09時49分
img0025.jpg
たくさんもらったよ。・・・ううむ。すごい行動力と社交性(意外)。
2008年11月02日 09時51分
img0026.jpg
自慢げにゼッケンを見せる。
2008年11月02日 09時57分
img0027.jpg
大学生エキシビジョン。個性的なロボット多数。
2008年11月02日 10時24分
img0028.jpg
偉い人への感謝状。
2008年11月02日 11時29分
img0029.jpg
大学生は全員フレンドシップ賞。
2008年11月02日 11時36分
img0030.jpg
表彰式。まずはレギュラー高校生から。スエーデンチーム優勝。バンドメンバーみたいな4人。
2008年11月02日 11時46分
img0031.jpg
マレーシアも強かった。
2008年11月02日 11時49分
img0032.jpg
2008年11月02日 11時50分
img0033.jpg
ワカマルと開発者。
2008年11月02日 11時58分
img0034.jpg
小学生競技。日本の入賞は唯一完走を果たした「大仏3MAX」の8位のみ。おめでとうございました。
2008年11月02日 12時11分
img0035.jpg
こちらもマレーシアチーム。
2008年11月02日 12時15分
img0036.jpg
優勝は韓国。今回、韓国もものすごく強かった。
2008年11月02日 12時16分
img0037.jpg
1位と2位はなんと0.1秒差の僅差。
2008年11月02日 12時17分
img0038.jpg
シンガポールチーム。
2008年11月02日 12時28分
img0039.jpg
帯がすごい。
2008年11月02日 12時29分
img0040.jpg
高校生競技入賞者。
2008年11月02日 12時36分
img0041.jpg
上位3チーム。
2008年11月02日 12時40分
img0042.jpg
残念ピンボケ。
2008年11月02日 12時42分
img0043.jpg
オープンカテゴリー。
2008年11月02日 12時48分
img0044.jpg
サンダーバード66号。5位入賞。富山チームでは唯一の受賞。
2008年11月02日 12時48分
img0045.jpg
上位3チーム。
2008年11月02日 12時53分
img0046.jpg
受賞の様子
2008年11月02日 13時00分
img0047.jpg
小学生部門。
2008年11月02日 13時08分
img0048.jpg
優勝は韓国。
2008年11月02日 13時15分
img0049.jpg
アシモ君登場。
2008年11月02日 13時22分
img0050.jpg
まずは足首の体操。ほんとに片足立ちしています。
2008年11月02日 13時22分
img0051.jpg
2008年11月02日 13時23分
img0052.jpg
非常に滑らかな動き。
2008年11月02日 13時24分
img0053.jpg
飲み物を給仕
2008年11月02日 13時27分
img0054.jpg
みなさんがんがん前に集まる。
サッカーもしました。
2008年11月02日 13時31分
img0055.jpg
握手もできる。いいなぁ。
2008年11月02日 13時32分
img0056.jpg
再来年の開催地が発表。フィリピン!
2008年11月02日 13時33分
img0057.jpg
アシモ君と2人。写真は飽き飽きといった感じ。撮りすぎたかなぁ。
2008年11月02日 13時35分
img0058.jpg
フィリピン代表に大会旗が手渡されました。
2008年11月02日 13時36分
img0059.jpg
ごあいさつ。
2008年11月02日 13時38分
img0060.jpg
社長より総括。
2008年11月02日 13時40分
img0061.jpg
至らない点もあったと思いますが、お許しください。(そんなことありませんよぉ)
2008年11月02日 13時40分
img0062.jpg
きれいに撮れたアシモ君。
2008年11月02日 13時40分
img0063.jpg
カメラの稼働率がハンパない状態です。すごい人気。
2008年11月02日 13時41分
img0064.jpg
2人と保護者のみなさんと一緒に撮ってもらいました。撮影者富山チームE君。ありがとう。
2008年11月02日 13時48分
img0065.jpg
入り口で配っていたヨーヨーが大人気。乱暴に振り回す人が多く、危なっかしい。
2008年11月02日 13時56分
img0066.jpg
3ヶ月に渡って取り組んできた大会が終わりました。
2008年11月02日 14時33分

当日のできは、富山県で一番、日本チーム全体の中でも2番と、
相対的には上々だったのですが、いかんせん完走しなければ勝てるはずも無く、敗れました。
今年、初めて国際大会に参加することができました。
絶対負けないロボットを目指してがんばる子どもたちを支援してきましたが、
大会のレベルの高さにぼくも子どもたちも大変驚きました。

子どもたちは本来の力を見せることができず、落ち込んでいるだろうと思っていたのですが、
おっとどっこい、帰りの電車の中では、来年の大会に向けて、課題を話し合っていました。
子どもたちのキラキラした瞳を見て、「来年もぜひ参加したい」という思いがますます強くなりました。
「他の国の代表たちと競技を通して交流できたことが楽しかった」
ということが子どもたちのエネルギーになり、
これからもエネルギーを与え続けてくれるだろうと思います。

子どもたちの思い描く機能を確実に実現する力を養うため、
これからも精一杯支援して行きたいと思います。

後期は、講師陣も子どもたちと同じ競技でライバルとして参加します。
ますます、楽しくなりますよ!

戻る

Powered by SOZAWA.
www.sozawa.com