2009.5.30 第2回講習会
初心者はペットボトル倒し、経験者は今回もWRO競技の練習会を行いました。

戻る

スライドショウの開始
img0000.jpg
早速、ペットボトルたおしに挑戦!
img0001.jpg
真剣です。
img0002.jpg
楽しそうですね。
img0003.jpg
倒れるかなぁ。
img0004.jpg
ちょっと待って!
img0005.jpg
曲がり具合を計算してスタート位置を調整。
img0006.jpg
プログラミングも自分でできるように
img0007.jpg
なってきたかな?
img0008.jpg
親子で楽しんでます。
img0009.jpg
テキストを見直し。
img0010.jpg
集中してますね。
img0011.jpg
みんなで楽しく検討中。
img0012.jpg
がんばってます。
img0013.jpg
なかなかうまくは行きません。
img0014.jpg
お母さんと相談。
img0015.jpg
一緒に悩みます。
img0016.jpg
プログラムして、
img0017.jpg
試して、
img0018.jpg
失敗して、
img0019.jpg
悩んで、
img0020.jpg
その繰り返しです。
img0021.jpg
ハードを作るのが楽しい人。
img0022.jpg
中学生の子どもたちは、ピンポン玉をゲットする機構を開発中。
img0023.jpg
小学生は迷路抜けプログラミング。
img0024.jpg
すごいのできました。
img0025.jpg
楽しみながらプログラミング。
img0026.jpg
形ができてきました。
img0027.jpg
アームはちゃんと機能するか?
img0028.jpg
アームの製作はかなり難しい。
img0029.jpg
講師に相談したり、
img0030.jpg
一人で試行錯誤したり、
img0031.jpg
難しいけど楽しい。
img0032.jpg
難しいから楽しい。
img0033.jpg
PCの裏にあるのが充電器。
img0034.jpg
分かったぞ!
img0035.jpg
ストップウォッチ片手に真剣です。
img0036.jpg
ケーブルのつなぎ方も結構難しい。
img0037.jpg
USBでプログラム転送。
img0038.jpg
テキスト片手にがんばります。
img0039.jpg
クリアできるか?
img0040.jpg
今度こそ!
img0041.jpg
やってやる。
img0042.jpg
教えるだけ教えれば、講師は余裕の表情?
img0043.jpg
熱気がどんどん上がっていくようです。
img0044.jpg
保護者の方もサポーターに!
img0045.jpg
WROのコース。壁抜けがあります。
img0046.jpg
中学生の様子。
img0047.jpg
うまく取れるか?
img0048.jpg
タッチセンサーを使います。
img0049.jpg
アームできたかな?
img0050.jpg
うまく行かないようです。
img0051.jpg
どうしてかなぁ。
img0052.jpg
いくぞお!
img0053.jpg
いけそう!
img0054.jpg
よっしゃ〜!
img0055.jpg
いってくれぇ!
img0056.jpg
どうだ!
img0057.jpg
最後の追い込み。
img0058.jpg
うまくできたか?
img0059.jpg
難しいようですね。
img0060.jpg
がんばってます。
img0061.jpg
次はこのテキストを使います。
img0062.jpg
おもしろそう!
img0063.jpg
みんなで韓国にいこう!(想像)
img0064.jpg
時間いっぱいまでがんばりました。

ペットボトル倒しゲームは、多くの児童が成功しました。
早く進んだ児童はタッチセンサについて学習を始めています。
次回は光センサに進みます。
経験者の中学生はピンポン玉を取る機構を工夫しています。
小学生はタッチセンサを使った迷路抜けをしています。

戻る

Powered by SOZAWA.
www.sozawa.com