2010.2.13 後期第5回 綱引き大会
プログラミング中心に講習会を進めてきましたが、かっちりした車体をつくることとギヤの使い方を学ぶことを目的に綱引き大会を企画しました。

戻る

スライドショウの開始
img0000.jpg
まずはハードの作り方から。
img0001.jpg
ギヤを使うとパワーとスピードのバランスを変えられます。
img0002.jpg
長いビームを使いましょう。
img0003.jpg
なるほど。
img0004.jpg
早速制作に入ります。
img0005.jpg
中学生も思案中。
img0006.jpg
大量のパーツを並べて作っています。
img0007.jpg
楽しんでいます。
img0008.jpg
黙々と集中している子が多いです。
img0009.jpg
ちょっとしたまとめ。
img0010.jpg
出来上がったロボットたち。
img0011.jpg
第1試合。
img0012.jpg
キャタピラは登坂力がありますが。
img0013.jpg
後半、急に強くなりました。
img0014.jpg
4輪VS3輪。
img0015.jpg
少ないタイヤで勝利。
img0016.jpg
第4試合。
img0017.jpg
斜めに引っ張って勝利。
img0018.jpg
直角フレームを多用して剛性を高めています。
img0019.jpg
低重心VSごついマシン。
img0020.jpg
車体が崩れてしまいました。残念。
img0021.jpg
ひもの取り付け方にひと工夫いりそうです。
img0022.jpg
力が入っています。
img0023.jpg
2輪ですが、バランスがいいのでしょう。
img0024.jpg
準決勝。
img0025.jpg
斜めに引き合っています。
img0026.jpg
とる時も一苦労。う〜む。
img0027.jpg
決勝戦。
img0028.jpg
結果です。中山君優勝!
img0029.jpg
終了後も対戦を続ける子どもたち。
img0030.jpg
2本のビームでギヤを挟むとしっかりした作りになります。
img0031.jpg
2つのタイヤの間に偶数のギヤがあります。
img0032.jpg
楽しんでます。
img0033.jpg
エキシビジョンマッチ。チャンピオンVS6年生。
img0034.jpg
良く見ると前輪と後輪の間に偶数のギアが。2つの車輪が逆方向にまわります。しかも前輪はタイヤに直結ですね。これではギアの意味がありません。
img0035.jpg
モーターから大ギアまでの固定が甘い。
これでは力がかかると外れてしまいます。

子どもたちは大変落ち着いてじっくりと取り組むことができました。

しっかりした車体をつくるためには、

・直角のリフトアームなどを使って四角形を作るように組み立てる。

・長いビームではさんで、ギヤを安定させる。


ことが有効です。

ロボットづくりは組んで崩しての繰り返し、納得いくものができるまで何度でも試行錯誤してください。



次回は信号機のあるライントレースに挑戦します。

戻る

Powered by SOZAWA.
www.sozawa.com