2010.5.23 第2回「光センサーを使おう!1」
前回、モーターの回転とブレーキをタイマーを使って制御し、
ペットボトルを倒す方法を学びました。
今回は光センサーを使って、床の明るさを判断し、
黒い線をたどるロボット「ライントレーサー」に挑戦しました。

戻る

img0000.jpg
光センサーを取り付けます。
img0001.jpg
親子で真剣に取り組んでいます。
img0002.jpg
光センサーを取り付け、明るさを試しています。
img0003.jpg
カードにメモを取るのが大事です。
img0004.jpg
プログラミングも慣れたものです。
img0005.jpg
講師H氏の熱心な指導!
img0006.jpg
ロボットの挙動について詳しく解説。
img0007.jpg
恥ずかしがり屋さん。
img0008.jpg
自分で考えて進めています。
img0009.jpg
止まりました!大成功!
img0010.jpg
耳に鉛筆。
img0011.jpg
両側トレースの考え方を説明中。
img0012.jpg
うまくいかないときは、まず明るさを疑いましょう。
img0013.jpg
曲がらないときはパワーレベルをいじると良いようです。
img0014.jpg
両側トレースのプログラム。サービスしすぎ?
img0015.jpg
成功例をビデオでどうぞ。
img0016.jpg
最初の成功者。拍手!
img0017.jpg
やりましたね!
img0018.jpg
2人目の成功者。やった!
img0019.jpg
確実に線をたどっていきます。

ほとんどの子どもたちが最終課題の両側トレースにチャレンジできました。
ライントレースはどのような競技でも基本となる重要な技術です。
家庭でも十分復習して次回の講習会に備えてほしいと思います。
次回は光センサーを2つ使ったライントレーサーに挑戦します。

戻る

Powered by SOZAWA.
www.sozawa.com