2011.10.22 ボランティアNPO大会@グランドプラザ
 今日は朝からロボットプログラミングの体験講習会を開催するため富山市にあるグランドプラザに集合しました。
 県内のいろんな地域から様々な分野のNPOやボランティア団体が集まり、にぎやかなお祭りになりました。
 体験講習会は子どもたちが受講希望者を教えます。
 また、客寄せ(笑)に大仏ロボットによるおみくじを復活させました。ぼくの家の屋根裏部屋から3年ぶりのお目見えです。
 果たして体験講習会を受講しようという方は現れるのでしょうか?
 内心、実はかなり不安なスタートでした。

戻る

スライドショウの開始
img0000.jpg
開店30分前。楽しく準備中!
img0001.jpg
コーチと理事長が到着!
img0002.jpg
子どもたちが揃いました。
img0003.jpg
講習会が始まりました。まずは子どもたちが自分の家族に教えます。
img0004.jpg
大仏ロボの電池切れ。RCX本体を外す前にコードの付き方を記録しました。RCXはつなぎ方を変えるとモーターの回転が逆になってしまうのです。
img0005.jpg
大仏ロボの動きを見て爆笑!ウケてるウケてる!
img0006.jpg
入口付近に移動。そのせいで光センサーが誤作動するように・・・。
img0007.jpg
お友達も駆けつけてくれました。感謝!
img0008.jpg
いつの間にか焼き芋をゲット!
img0009.jpg
教える方も教わる方も真剣です。
img0010.jpg
思った通り動いているかな?
img0011.jpg
大仏ロボ気持ち悪い!いやいや可愛いやろっ!
img0012.jpg
熱心に取り組んでいます。
img0013.jpg
大仏ロボは不調でも人目を引いていました。
img0014.jpg
おばさんにも大人気!
img0015.jpg
大吉をもらって大喜びでした。
img0016.jpg
子どもたちはもっと大好き!
img0017.jpg
教えるのも楽ではありません。
img0018.jpg
前の溝にカードをスラッシュ!丁寧に説明しています。
img0019.jpg
みんな楽しんでいます。
img0020.jpg
見てるだけでもドキドキする。
img0021.jpg
こっちは輪投げで一休み中。
img0022.jpg
来たロボットのスタートボタンを何度も押して喜んでいたちびっ子。
img0023.jpg
とても喜んでくれたカップル。
img0024.jpg
彼はこの後、体験講習会を受けてくれましたが、完璧なプログラミングでした。
img0025.jpg
丁寧に説明する子どもたち。
img0026.jpg
ロボットの動きを真剣に見ています。
img0027.jpg
わーい!こらこら(笑)
img0028.jpg
何回も挑戦してくれた兄弟!4種類をコンプリートしてくれました。
img0029.jpg
がんばる子はやっぱりかっこいいですね。
img0030.jpg
優しさが体全体からあふれているようです。
img0031.jpg
激しく首を回すので、時々グラグラになります。
img0032.jpg
なぜ首を回すのかというと、他に動かせる場所がないからです。
img0033.jpg
やり方の説明もすぐ覚えてくれました。
img0034.jpg
カードをスラッシュするのはちょっとおっかなびっくり。
img0035.jpg
目標は一本目のペットボトル!
img0036.jpg
いい笑顔です。

 最初は来場者も少なかったため、子どもたちが家族に教えることにしました。これまで見ているだけだったお父さん、お母さん、兄弟たちも「こんな難しいことをしていたのか」と仰っていました。教える子どもたちも自分の学んできたことを教えることで、よりはっきりと理解できるようになります。
 子どもたちは小学生としてはとても難しいことに挑戦しているのです。これからはより一層子どもたちのがんばりが理解できることと思います。
 教える子も教わる人もみんな真剣でいい表情をしていました。子どもたちのこういう姿が見たくてぼくらは講習会を続けています。

 16時の終了時点で当日参加された方は28名。
 ロボットおみくじは用意した240枚のシールが全部売り切れました。

 子どもでは到底無理のように思われるプログラミング。
 最初は確かに大変です。失敗して考えてのくり返しです。
 しかし、ひとつひとつ壁を乗り越えるたびに子どもたちは自分自身の学ぶ力に自信をもつようになっていくのです。
 今日参加した子どもたちは、体験講習を受けてくれそうな人に直接声をかけて集めてくれました。これには驚きました。
 「ロボットで培ったチャレンジする心が対人関係にも広がっているのだとしたらすごくうれしいな」
と思います。

 これからもこういう機会を積極的に作っていきたいと思っています。
 保護者のみなさんも大変だと思いますが、子どもたちのためにぜひご協力をお願いします。

戻る

Powered by SOZAWA.
www.sozawa.com